本文へ移動

自己評価・事故・苦情報告

「保育所は、保育の質の向上を図るため、保育の計画の展開や保育士等の自己評価結果を踏まえ、当該保育所の保育の内容等について自ら評価を行い、その結果を公表するよう努めなければならない。」~新保育所保育指針~

平成30年度自己評価表

page1
page2

事故報告・苦情報告

<5月>
 
苦情報告 申し出者 保護者
     内 容      他の保護者から聞いた話だが、(自分の)子どもが給食中トイレへ行って、しばらく戻
          らなかった。トイレ
前で寝転んでいた(自分の)子どもに対して、すぐ対応しなかった。
          いつもそういった雑な対応を
をしているのかと思ってしまう。
     対 応  保護者にその日の児童の様子や、その時の子どもへの対応等を、詳細に説明する。
     原 因  第三者の保護者からの間違った情報
     結 果  第三者の保護者からの情報に誤解があることに気付かれ、当園の対応に納得していた
          だいた。
              
      
*事故・苦情に関しては、毎月の法人管理者会議・園内職員会議において報告し再発防止に努めます。なお、重要な案件には、第三者にも介入していただく場合があります。       
 
<8月>
 
事故報告 2歳児クラス 1件
     内容:うがい中、落としたコップが割れ、それを触って指先を切った。
     対応:保護者へ連絡を行い謝罪。病院を受診する。
     結果:左手小指を裂傷 
     原因:保育士の、安全配慮(見守り)不足。  
     対策:うがい中は、園児の安全に配慮を行う。また、コップを割れない物へ変更する。
 
 
*事故・苦情に関しては、毎月の法人管理者会議・園内職員会議において報告し再発防止に努めます。なお、重要な案件には、第三者にも介入していただく場合があります。       
 
社会福祉法人実寿穂会
〒852-8152
長崎県長崎市住吉台町11-1
TEL.095-847-8622
FAX.095-847-8642

保育園

0
9
8
6
1
4
TOPへ戻る